イベントレポート

患者サロン「アロマとハーブに癒されよう」

2月19日(日)全国骨髄バンク推進連絡協議会の事務局(千代田区東神田)で、患者サロン「アロマとハーブに癒されよう」が行われました。
講師の須賀良子先生からアロマテラピーについて歴史やメカニズム、代表的な精油の効能などについて教えていただき、得たい効果にそった3種の精油をブレンドしてエアフレッシュナー作りました。 「幸せな気分に」「心を落ち着かせる」「花粉症対策に良い」など、魅力的な効能にどれをつくるか悩む人続出。一滴単位の精油の調合に緊張感が漂いました。
この季節インフルエンザや花粉症によいハーブティと先生お手製のパウンドケーキをいただきながら、リラックスした雰囲気で体調の事や不安を感じていることなど語り合いました。

参加者からのコメント

背中全体をやさしくさするタッチケアの方法も教わり、安心感とエールをも伝えられる方法だ思いました。香りは街中にあふれていますが、理にかなった自然の物を意識して取り入れていくことが大切なんだと感じました。

一滴単位の精油の調合に緊張感が漂う

背中全体をやさしくさするタッチケア