Q&A

Q&A

皆様からのよくあるご質問に対する回答をまとめています。 わからない点や疑問があった場合は、まずはこちらをご確認ください。

②さい帯血バンクについて

Q1. さい帯血ってなに?
A.お母さんと赤ちゃんを結ぶへその緒を「さい帯」と言い、そのさい帯と胎盤の中に含まれる血液を「さい帯血」と言います。
さい帯血は赤ちゃんが産まれると、へその緒や胎盤と一緒に処分するのが通常の流れですが、このさい帯血には血液を造る細胞(造血幹細胞)がたくさん入っていて、白血病などの病気に苦しむ患者さんの治療に使うことができるのです。
Q2. なぜさい帯血が必要なの?
A.さい帯血の中には、赤血球、白血球、血小板などを造りだす造血幹細胞がたくさん含まれています。
造血幹細胞は人工的に造ることができないので、白血病などで正常に血液を造れなくなった患者さんは、健康な人から造血幹細胞を分けてもらう必要があります。
そういった患者さんにさい帯血を移植することで、血液を造る力を回復させることができます。
Q3. さい帯血はどんな病気の治療に使われるの?
A.白血病や再生不良性貧血など重い血液の病気の治療に用いられています。
Q4. さい帯血移植ってどんな治療?
A.さい帯血は造血幹細胞をたくさん含んでいるので、正常に血液を造れなくなった患者さんに移植することで、血液を造る力を回復させることができます。
これを「さい帯血移植」といいます。
Q5. さい帯血バンクってなに?
A.妊婦さんから提供されたさい帯血を、患者さんの移植に使えるようにするための、検査・調製保存・病院への供給・データ管理などを行っています。
Q6. さい帯血はどこの産科病院でも提供できる?
A.各さい帯血バンクと提携している産科病院でのみ提供することが出来ます。さい帯血は移植に使うものなので、無菌状態で採取や分離などを行うなど、国が定めた設備や技術が必要です。
また、提供できる産科病院で提供のお約束をした場合でも、出産時刻等で採取体制が整わないという理由で採取を行わない場合もあります。
Q7. さい帯血の提供って痛いの?出産に何か影響はある?
A.出産後、赤ちゃんとへその緒(さい帯)を切り離してから、本来ならそのまま捨てられてしまうさい帯と胎盤から残っている血液を集めるので、赤ちゃんとお母さんに痛みは全くなく、出産の経過にも影響はありません。
さい帯血の提供は、赤ちゃんとお母さんの安全と健康を第一に考えて行われているため、早産の場合などは提供を取りやめることもあります。
Q8. さい帯血バンクと骨髄バンクはなにが違うの?
A.さい帯血バンクと骨髄バンクは、どちらも移植を必要とする患者さんのために活動しています。
しかし、骨髄バンクは骨髄・末梢血幹細胞の保存を行っておらず、移植が必要な患者さんとHLA型(白血球の型)が合うドナーが見つかってから、骨髄・末梢血幹細胞の採取を行います。
一方で、さい帯血バンクは事前にさい帯血を凍結保存しているところが大きな違いです。
Q9. さい帯血はお母さんの血液なの?
A.さい帯血は、産まれてくる赤ちゃんの血液です。
Q10. 予定出産になるの?
A.出産する産科病院にもよりますが、多くの場合、予定出産になることはありません。
Q11. へその緒はもらえないの?
A.へその緒をもらえるかどうかは、産科病院によって異なりますが、もらえる場合が多いようです。
詳しくは産科病院にお問い合わせください。
Q12. 後日、追加検査などの協力を依頼されることはある?
A.追加検査をお願いすることは基本的にはありません。
Q13. プライバシーは守られる?
A.さい帯血バンクでは、お母さんのお名前や住所はさい帯血とは切り離して厳重に管理します。
さい帯血が移植のために提供される場合でも、手続きはさい帯血に付けられた番号で行います。
Q14. 提供したさい帯血は優先的に使えるの?
A.移植を受ける機会の公平さを保つため、提供いただいた方でも特別に優遇することはできません。
さい帯血を提供していただくにあたって、所有権を放棄し、移植を必要とする患者さんのために使用するという同意書にご署名いただきます。
提供いただいたさい帯血が移植に使用されることが決まった後に、同意を取り消すことはできません。
Q15. 提供したさい帯血はいつまで使えるの?
A.さい帯血は採取から10年の間、移植に使用できます。
Q16. さい帯血の移植手術にかかる費用はどれくらいですか?
A.さい帯血移植手術だけに限ると、診療報酬は66,450点(664,500円)です。(平成28年2月現在)
患者さんが負担する額は、加入されている健康保険の自己負担の割合によって異なります。
Q17. さい帯血の搬送費は患者負担ですか?
A.さい帯血の運搬費用は、保険の療養費払いとなります。一度お支払いいただいた後、加入の医療保険に療養費として申請すると、後日医療保険より返金されます。
具体的な申請方法につきましては、加入されている健康保険組合・社会保険事務所等にお問い合わせください。
Q18. さい帯血バンクを利用する場合、患者負担金はありますか?
A.さい帯血は、公開する前に検査を終えているため、特別に追加の検査が必要な場合を除き、患者負担金は発生しません。
Q19. 病院ごとの移植実績を知りたい。
A.日本造血細胞移植データセンター」のホームページで確認できます。

③さい帯血の申し込みについて(医療関係者向け)

Q1. パスワードを忘れた。
A.ログイン画面下の「パスワードをお忘れになった場合」へお進みください。
ID・メールアドレスをご入力いただきますと、再発行手続きができます。
Q2. パスワードの有効期限が切れた。
A.ログイン画面からIDと旧パスワードをご入力いただきますと、パスワード再設定の画面へ移行します。
Q3. 登録している責任医師以外にもメールを受け取りたい。
A.メールアドレスは4つまで登録が可能です。責任医師以外のメールアドレスは「さい帯血オンライン申し込み」から変更ができます。
ログイン後「ユーザ情報(登録内容)の変更」画面へお進みください。
Q4. 医療機関の登録情報を変更したい。
A.さい帯血のお申込み時にご案内をお送りしているメールアドレスに変更内容をお送りください。
変更の手続きが完了しましたら、担当者からご連絡いたします。
Q5. 申し込んださい帯血を変更したい。
A.まずは、お申し込みいただいたさい帯血バンクに取り消しのご連絡をお願いいたします。
さい帯血バンクから、申し込み取り消し完了のご連絡をいたしますので、その後、新たにご希望のさい帯血を「さい帯血オンライン申し込み」からお申し込みください。
Q6. さい帯血は1人の患者さんにつきいくつ申し込みできる?
A.1人の患者さんにつき、申し込み可能なさい帯血は1つです。
Q7. さい帯血は移植日の何日前から申し込みできる?
A.移植日の3ヵ月前から申し込みが可能です。
公開さい帯血には限りがあるため、病態が安定している患者さんにさい帯血を確保することはご遠慮いただいており、さい帯血の確保は原則3ヶ月以内としています。
確保期間3ヶ月経過した後、さい帯血の取り消しをされますと、該当患者さんの再申し込みが1週間できなくなりますのでご注意ください。
Q8. さい帯血採取施設に登録したい。
A.採取施設の登録手続きは各さい帯血バンクで行っております。最寄りのさい帯血バンクへご連絡ください。