検体保存事業について

非血縁者間骨髄・末梢血幹細胞移植における検体保存事業について

平成27年度から日本赤十字社が造血幹細胞提供支援機関として、検体保存事業を実施することとなりました。

検体提供者の方へ

移植日から10年間は本事業への協力同意を自由に取り消すことができます。
同意撤回を希望される方は同意撤回書に必要事項をご記入し下記まで送付ください。

【同意撤回書送付先】

〒105-0011
東京都港区芝公園1-2-1 日本赤十字社 別館
造血幹細胞管理課

研究者の方へ


 日本赤十字社は以下のとおり保管検体を研究者に分譲しています。

(1)分譲対象検体

   造血幹細胞移植に資することを目的とする研究

(2)分譲対象検体

    DNA

(3)利用申請受付窓口

   日本赤十字社は分譲にかかる受付・審査等を一般社団法人 日本造血細胞移植データセンターに委託しています。
   検体の利用を希望される研究者は、一般社団法人 日本造血細胞移植データセンター窓口から申請をお願いします。

(4)その他

   ・検体は着払いのクール便にてお送りします。
   ・分譲承認後から提供までには、お時間をいただくことがあります。

研究報告等

これまで本事業により保管した検体を用いて実施した研究です。

また、一般社団法人 日本造血細胞移植データセンターのホームページからも確認いただけます。

検体採取医療機関の方へ

日本赤十字社から、平成28年3月11日付血造管第40号の4により国内の骨髄・末梢血幹細胞移植施設及び採取施設の施設長様に本事業への協力依頼文を送付しています。
なお、平成28年度8月31日付で厚生労働省健康局難病対策課移植医療対策推進室から本事業への協力について事務連絡がありました。
平成28年3月11日以降に既に倫理審査委員会の承認を得ていただき、日本赤十字社に回答いただきました施設については改めての手続きは必要ありませんのでご承知おきください。
【依頼内容】
  (1)貴施設において骨髄・末梢血幹細胞の提供を予定しているドナー及び移植を予定している
    患者からの検体保存事業への協力にかかる同意説明・取得
  (2)上記(1)にて同意を得られた方からの検体用血液の採取及び採取検体の保管施設への送付




日本赤十字社の「検体保存事業実施計画書等」の倫理審査関連書類は以下のリンクからダウンロードできます。
パスワードはzoketsu-k@jrc.or.jpにメールでお問い合わせください。
 


各施設の倫理審査委員会等の承認を得ていただき、依頼文書別紙2を用いて承認書等の写しを送付してください。
よくある質問はこちらから確認いただけます。
 


【お問い合わせ】 日本赤十字社 血液事業本部 技術部 造血幹細胞管理課 
        zoketsu-k@jrc.or.jp/03-3437-7205 
        お問い合わせは、なるべくメールでいただけますとスムーズです。